カードローンの疑問

カードローンの疑問3

カードを他人に悪用されたら支払わなければいけませんか?
自分がカードを使用していないことを証明できれば、支払う必要はありません。   盗難やスキミングなどによってカードを悪用された場合、そのカードを使用したのが自分ではないことを証明できれば、その使用額を支払う義務はありません。海外での悪用は所有者が日本国内にいることを証明できれば補償されます。国内で悪用された場合は、不正使用の証拠として警察への届け出書類を提出したり、カード会社から調査が入る場合もあります。   注意しなければならないのは、カードキャッシングをされてしまった場合です。キャッシングはカードの暗証番号が使用されることから、不正使用の証明が成立しにくく、支払い義務が生じる場合があります。カードの暗証番号を定期的に変更するなど自己防衛をしましょう。
カードローンの審査には通りやすい人となかなか通らない人とに別れますが、審査基準のポイントは一体何なのでしょうか?まず、他の金融会社や銀行などからの借り入れが全くない人や少ない人は審査には比較的通りやすいようです。2010年に総量規制というものが出来て、年収の3分の1までしか貸付が出来ないという法律が定められました。これによって、すでに他社から収入の3分の1借り入れをしている人はまず審査は通らないと思って良いでしょう。逆に他社で借り入れをしていない人は、金融会社としてはどんどん借りて欲しいと思っているので、審査には通りやすいんだそうです。それからもう1つの大きなポイントは勤続年数が長いことが挙げられています。勤続年数によって退職金による返済が期待出来ますので、勤続年数の長さは重要らしいです。どのくらいの勤続年数が必要かと申しますと、多くの場合は10年以上の勤務であれば返済能力が高いと評価してもらえるそうです。他にも毎月安定した収入があって返済する能力があることと、ブラックリストにのっていないこと、万が一の時に同居家族に支払う能力があるかどうかなどもポイントだそうです。

カードローンの疑問3関連ページ

カードローンってそもそも何?
カードローンってそもそも何?
カードローンの審査基準のポイントとは?
カードローンの審査基準のポイントとは?