銀行カードローンの審査

銀行カードローンの審査

 

銀行カードローンの審査を受けるにあたってまず必要な条件が、定職につき安定した収入があることが基本となっています。よって、フリーターや無職といった方はまず審査には受からないと思って間違いないと思います。銀行カードローンは、保証人が不要とされていますので、その分本人に返済能力があるかどうかが重要となってきます。このことから、銀行カードローンを申し込む本人が定職につき安定した収入があることが重要視されているのです。ですが、専業主婦の場合は配偶者に安定した収入があれば審査に通ることもあります。勤務先については書類に記載することになっているのですが、こちらも銀行側が匿名で勤務先に電話をかけて、その勤務先に本当に在籍をしているのかどうかを確認しますので、偽りのないように記載するようにしましょう。他にも他社から借り入れをしていないかどうかの審査があります。他社から年収の3分の1の借り入れをしていた場合は、お金を貸し出すことが法律で禁じられていますので、その場合審査には落ちてしまうかと思います。他社からの借り入れが全くない、又は少額で完済しているといった場合には問題ないかと思います。